土. 2019年8月24日

自営業を始めるときに持っておくべき大事なこと

自営業では取引先との繋がりを持っておく

自営業では取引先がいなければ売上になりません。そのため、取引先を自営業を始めるときには持っておくことが大事です。最初から繋がりを持っていれば、自営業を始めてすぐに売上を上げられる可能性があります。売上の見込みがないと、自営業を始めても資金が途切れてしまうかもしれません。しかし、ある程度、売上の見込みが立てば、自営業を始めやすいです。特に、複数の取引先がいると、売り上げが安定するでしょう。複数の取引先がいるメリットは、一社がダメになったときの保険になることです。一社だけしか取引先がないと、そこがダメになったときにすぐに困ることになります。自営業の準備段階で取引先と繋がることを考えるのであれば、複数の取引先と繋がっておくことを考えましょう。

仲間との繋がりも持っておくことが大事

自営業では仲間との繋がりが重要になることが多いです。仲間は仕事が忙しいときに助けてくれる存在です。一人ではできない仕事も仲間がいれば、請け負える可能性があります。仕事は一人でするよりも複数の方が大きな仕事を受注できます。また、仲間が役に立つのは仕事が多いときだけではありません。仕事がなくなったときに声をかけてくれるのも仲間です。暇なときに忙しい仲間を手伝うということは、よくあることです。忙しい時に仕事を手伝ってもらった仲間は、ギブアンドテイクで仕事をくれることがあります。仕事を手伝ってもらう効果はそのような場面でも発揮されるのです。確実に仕事をもらえるわけではないですが、暇なときは仲間の繋がりも役に立つことがあるのです。

フランチャイズに加盟すると本部の経営指導を受けられるため、未経験者が個人で開業するよりもリスクを軽減することができます。

Calendar

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031